シテ方(読み)シテかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シテ方
シテかた

能のシテ,ツレ,トモ,子方,地謡,後見の各役を演じる役者とそのグループの職掌名。ワキ方囃子方狂言方に対していい,観世,宝生,金春,金剛,喜多の5流がある。古くは地謡専門の地謡方という職掌があったが,今日では立方として能を演じることがなく地謡専門であっても,シテ方と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

してかた【シテ方】

能楽において,能のシテ,シテヅレ,トモ,子方(こかた),地謡(じうたい),後見(こうけん)の各役を担当する演者とその集団。ワキ方,囃子方,狂言方(三役)に対しての呼称。観世,宝生,金春,金剛,喜多の五流がある。ほかに梅若が一時観世から独立して一流を立てたが,旧に復した(観世流)。従来,能楽界には興行会社,プロデューサー,劇団制が存在しないので,ほとんど多くの場合シテ方各流の家元ないし各流内の有力職分が催会を主催し,興行主と演出家と主演者を兼ねる形が一般的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシテ方の言及

【能】より

…なお,このころ喜多(きた)七大夫が一流(喜多流)の創立を許され,併せて〈四座一流〉と称された。また座の制度のほかに,シテ方ワキ方など専門別の役籍が定められ,各役籍に数個の流派が確立した。流派には家元があって芸を統制し,習事(ならいごと),免状,伝授手続きなどの形式が整えられた。…

※「シテ方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シテ方の関連情報