コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜雲記 おううんき

2件 の用語解説(桜雲記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜雲記
おううんき

史書。3巻。著者は未詳。江戸時代初期に成立。文保2 (1318) 年から長禄3 (1459) 年までの記事。後醍醐天皇即位から南北朝合体を経て南朝遺臣の末路までを記述。史料的価値は,さほど高くない。『史籍集覧』『校注国文学叢書』に収録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おううんき【桜雲記】

後醍醐天皇の践祚した1318年(文保2)から,後南朝の北山宮・河野宮が殺害された1459年(長禄3)までの歴史を,南朝方の立場から,編年体で記した史書。著者未詳。3巻。江戸時代初期の成立といわれ,記事が確実な記録と合わないところもあるが,南朝正統論の勃興とともに人々に読まれた。書名は《古今集》の序の〈吉野山の桜は人まろか心には雲かとなん覚えける〉によるかという。《史籍集覧》所収。【今江 広道】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone