コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜雲記 おううんき

2件 の用語解説(桜雲記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜雲記
おううんき

史書。3巻。著者は未詳。江戸時代初期に成立。文保2 (1318) 年から長禄3 (1459) 年までの記事。後醍醐天皇即位から南北朝合体を経て南朝遺臣の末路までを記述。史料的価値は,さほど高くない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おううんき【桜雲記】

後醍醐天皇の践祚した1318年(文保2)から,後南朝の北山宮・河野宮が殺害された1459年(長禄3)までの歴史を,南朝方の立場から,編年体で記した史書。著者未詳。3巻。江戸時代初期の成立といわれ,記事が確実な記録と合わないところもあるが,南朝正統論の勃興とともに人々に読まれた。書名は《古今集》の序の〈吉野山の桜は人まろか心には雲かとなん覚えける〉によるかという。《史籍集覧》所収。【今江 広道】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桜雲記の関連キーワード万里小路藤房邦良親王後伏見天皇大正二条道平元応元亨文保藤原宗子(2)《後醍醐天皇隠岐の配所》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone