末路(読み)まつろ

精選版 日本国語大辞典「末路」の解説

まつ‐ろ【末路】

〘名〙
① 道の終わり。道のすえ。行程の終わり。行のすえ。ばつろ。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「幸に路墺国の博覧会にあふ」 〔戦国策‐秦策〕
② 人の一生のすえ。生涯の最後。晩年。ばつろ。
※寛斎摘草(1786)三・得宮田子亮書、有薦余某藩之言、賦謝「生涯付酒青雲隔、末路逢人白髪寒」
※酒ほがひ(1910)〈吉井勇〉痴夢二「痛ましき君が末路(マツロ)はあざやかに胸に描かるひとりおもへば」 〔漢書‐鄒陽伝〕
③ 盛んであったものが衰えてきた時期。物事の衰えたすえ。ばつろ。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)五・画馬引、為福井敬斎君賦「君不見伏波末路困壺頭、回首却憶馬少遊」

ばつ‐ろ【末路】

〘名〙 行路のすえ。また、生涯の最後。転じて、盛んであったものが衰えたさき。なれの果て。まつろ。
※やみ夜(1895)〈樋口一葉〉一「山師の末路(バツロ)はあれと指されて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「末路」の解説

まつ‐ろ【末路】

道の終わり。
一生の最後。晩年。ばつろ。「人生の末路
盛りを過ぎて衰え果てた状態。なれのはて。ばつろ。「英雄が哀れな末路をたどる」
[類語](2老い先晩年老後余生/(3没落落ちぶれるうらぶれる成り下がる零落凋落転落落魄淪落堕落斜陽地に落ちる成れの果て見る影もない

ばつ‐ろ【末路】

まつろ(末路)」に同じ。
「山師の―はあれと指されて」〈一葉・やみ夜〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「末路」の解説

【末路】まつろ

道の終わり。や人の末期。宋・李格非〔洛陽名園記、呂文穆園〕嗚呼(ああ)、大夫、むに方(あた)り、一己の私を放(ほしいまま)にして自らの爲にし、天下治忽れば、きて此の樂しみを享けんと欲するも得んや。の末路、れのみ。

字通「末」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android