末路(読み)バツロ

デジタル大辞泉の解説

ばつ‐ろ【末路】

まつろ(末路)」に同じ。
「山師の―はあれと指されて」〈一葉・やみ夜〉

まつ‐ろ【末路】

道の終わり。
一生の最後。晩年。ばつろ。「人生の末路
盛りを過ぎて衰え果てた状態。なれのはて。ばつろ。「英雄が哀れな末路をたどる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ばつ‐ろ【末路】

〘名〙 行路のすえ。また、生涯の最後。転じて、盛んであったものが衰えたさき。なれの果て。まつろ。
※やみ夜(1895)〈樋口一葉〉一「山師の末路(バツロ)はあれと指されて」

まつ‐ろ【末路】

〘名〙
① 道の終わり。道のすえ。行程の終わり。行路のすえ。ばつろ。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「幸に末路墺国の博覧会にあふ」 〔戦国策‐秦策〕
② 人の一生のすえ。生涯の最後。晩年。ばつろ。
※寛斎摘草(1786)三・得宮田子亮書、有薦余某藩之言、賦謝「生涯付酒青雲隔、末路逢人白髪寒」
※酒ほがひ(1910)〈吉井勇〉痴夢二「痛ましき君が末路(マツロ)はあざやかに胸に描かるひとりおもへば」 〔漢書‐鄒陽伝〕
③ 盛んであったものが衰えてきた時期。物事の衰えたすえ。ばつろ。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)五・画馬引、為福井敬斎君賦「君不見伏波末路困壺頭、回首却憶馬少遊」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報