コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅峰竺信 ばいほう じくしん

2件 の用語解説(梅峰竺信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅峰竺信 ばいほう-じくしん

1633-1707 江戸時代前期の僧。
寛永10年9月10日生まれ。曹洞(そうとう)宗。11歳のとき出家。山城(京都府)興聖寺の竜蟠(りゅうばん)松雲の法をつぎ,のち同寺の住持。元禄(げんろく)13年(1700)卍山(まんざん)道白らと宗統復古運動をおこした。晩年は大和(奈良県)の興禅寺に隠居。宝永4年11月19日死去。75歳。大坂出身。著作に「洞門劇譚(とうもんげきだん)」「林丘客話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梅峰竺信

没年:宝永4.11.19(1707.12.12)
生年:寛永10(1633)
江戸前期の曹洞宗の僧。難波(大阪府)の人。11歳で出家し,万安英種や懶禅舜融などに参じたのち,宇治(京都府)興聖寺の竜蟠松雲の門に投じて法を嗣いだ。但馬(兵庫県)の養源寺,興聖寺に歴住したのち,墨江(大阪府)の臨南寺に隠棲した。徳川光圀の招きに応じて一時,常陸(茨城県)の耕山寺へ移ったが,病気のため3年で臨南寺に戻った。晩年に卍山道白と共に転住によって師を替えるなどの宗統混乱を正す宗統復古運動(一師印証)に尽力し,大和(奈良県)の興禅寺で死去した。業績は晩年の宗統復古運動であるが,また禅定家,思想家としても知られる。<著作>『洞門劇譚』『林丘客話』<参考文献>徳翁良高編『続日域洞上諸祖伝』

(志部憲一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅峰竺信の関連キーワード明庵哲了釈鼇仙玉山全英凸巌養益徳巌養存越溪休覚月舟宗胡紹瑾洞山良价万安英種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone