コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅花無尽蔵 ばいかむじんぞう

世界大百科事典 第2版の解説

ばいかむじんぞう【梅花無尽蔵】

室町中期の禅僧万里集九(ばんりしゆうく)の詩文集。7巻。書名は著者が影響をうけた南宋の陸游(りくゆう)の詩〈要識梅花無尽蔵,人人襟袖帯香帰〉を出典とする。美濃鵜沼の庵居にも同じ名をつけた。作品中最後の年記は文亀2年(1502)3月で,著者みずからが整理分類して各部類ごとに年代順に配した。題下および文末などに自注を付ける。本文と自注には作者の足跡が及んだ各地のようすを伝える記事がみえる。《五山文学新集》《続群書類従》所収。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の梅花無尽蔵の言及

【万里集九】より

…蔵主の位までのぼったが応仁の乱後に還俗して漆桶万里(しつとうばんり)と称した。乱をのがれて美濃鵜沼に退き,庵を結び〈梅花無尽蔵〉と号す。これにちなんで別称を梅庵,椿岩,梅花無尽蔵漆桶子という。…

※「梅花無尽蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

梅花無尽蔵の関連キーワード永田徳本高徳院

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android