コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若万三郎(1世) うめわかまんざぶろういっせい

1件 の用語解説(梅若万三郎(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若万三郎(1世)
うめわかまんざぶろういっせい

[生]明治1(1868)
[没]1946
能楽師。観世流シテ方。1世梅若実の長男。分家梅若吉之丞家を継ぐ。生来豊かな天分に恵まれ,加えて父の厳格な訓練を受け,40歳までに 200番の能を3度繰返して稽古をしたという。 1921年,弟の六郎とともに梅若流を樹立して宗家となったが,33年,観世流に復帰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅若万三郎(1世)の関連キーワード渡辺雪峰階乗数値積分スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没633美の里Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone