コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若万三郎(1世) うめわかまんざぶろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若万三郎(1世)
うめわかまんざぶろう[いっせい]

[生]明治1(1868)
[没]1946
能楽師。観世流シテ方。1世梅若実の長男。分家梅若吉之丞家を継ぐ。生来豊かな天分に恵まれ,加えて父の厳格な訓練を受け,40歳までに 200番の能を3度繰返して稽古をしたという。 1921年,弟の六郎とともに梅若流を樹立して宗家となったが,33年,観世流に復帰。帝国芸術院会員。朝日文化賞,文化勲章を受けた。演能 3000番,老女物のすべてを演じ,すべての条件に恵まれた斯界第一人者であった。芸談に『万三郎芸談』『亀堂閑話』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

梅若万三郎(1世)の関連キーワード戊辰戦争バンコク朝マキノ雅広キング・クリムゾンイタリア映画新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アート

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android