コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンコク朝 ばんこくちょう

3件 の用語解説(バンコク朝の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

バンコクちょう【バンコク朝】

タイ国の現王朝。正式にはクルンテープ朝、別名チャクリ朝またはラタナコーシン朝。1782年武将チャオプラヤ=チャクリ(ラーマ一世)により創始。チュラロンコーン王(ラーマ五世)の時代に近代化を成し遂げ、英仏の圧迫に抗して独立を維持、1932年立憲君主国となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンコク朝
バンコクちょう

チャクリー朝」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンコク朝
ばんこくちょう
Bangkok

バンコクを首都とするタイ国の現王朝。ラタナコーシン朝Ratanakosin、チャクリ朝Chakri、クルンテープ朝Krungtepともいう。歴代の王はラーマの名を冠してよばれる。ラーマ1世王(在位1782~1809)、2世王(在位1809~1824)までは、欧米列強に対して閉鎖的な政策をとり続けたが、3世王(在位1824~1851)のとき、イギリス(1826)およびアメリカ(1833)と和親条約を結んだ。4世王モンクット(在位1851~1868)は、1855年イギリスとの間にボーリング条約を締結し、初めて自由貿易を許した。これはタイ国近代化の契機となった。5世王チュラロンコーン(在位1868~1910)は父王の遺志を継いでタイ国の近代化に努力し、6世王ワチラウット(在位1910~1925)は不平等条約の改定に努めた。7世王(在位1925~1935)のとき人民党によるクーデターが発生し、タイ国の政体は絶対王制から立憲君主制に移行した。
 1935年3月、7世王が後継者を指名することなく退位すると、人民代表議会は「王室典範」の規定に基づき、5世王の第二王妃による王孫で、当時スイスに留学中のアーナンタ・マヒドンを8世王(在位1935~1946)に指名した。1946年、成年に達した8世王は帰国して即位したが、まもなく王宮内で不慮の死を遂げたため、弟のプミポン・アドゥンヤデートが王位を継いでラーマ9世(在位1946~2016)となった。[石井米雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバンコク朝の言及

【ラタナコーシン朝】より

…トンブリー朝のタークシン王が精神錯乱に陥った後を受けて,軍の最高司令官チャクリ(のちのラーマ1世)が1782年バンコクを首都として創始した。始祖の名にちなんでチャクリ朝またはバンコク朝とも呼ばれる。6代目の王ワチラウットは,この王朝の歴代の王をラーマ何世と呼ぶ習慣を始めた。…

※「バンコク朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バンコク朝の関連キーワード小国大国債務国債権国美し国朶頤ホスタイ国立公園ファンガヌイ国立公園暗い国境ゆいゆい国頭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone