コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンコク朝 ばんこくちょう

大辞林 第三版の解説

バンコクちょう【バンコク朝】

タイ国の現王朝。正式にはクルンテープ朝、別名チャクリ朝またはラタナコーシン朝。1782年武将チャオプラヤ=チャクリ(ラーマ一世)により創始。チュラロンコーン王(ラーマ五世)の時代に近代化を成し遂げ、英仏の圧迫に抗して独立を維持、1932年立憲君主国となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンコク朝
バンコクちょう

チャクリー朝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンコク朝
ばんこくちょう
Bangkok

バンコクを首都とするタイ国の現王朝。ラタナコーシン朝Ratanakosin、チャクリ朝Chakri、クルンテープ朝Krungtepともいう。歴代の王はラーマの名を冠してよばれる。ラーマ1世王(在位1782~1809)、2世王(在位1809~1824)までは、欧米列強に対して閉鎖的な政策をとり続けたが、3世王(在位1824~1851)のとき、イギリス(1826)およびアメリカ(1833)と和親条約を結んだ。4世王モンクット(在位1851~1868)は、1855年イギリスとの間にボーリング条約を締結し、初めて自由貿易を許した。これはタイ国近代化の契機となった。5世王チュラロンコーン(在位1868~1910)は父王の遺志を継いでタイ国の近代化に努力し、6世王ワチラウット(在位1910~1925)は不平等条約の改定に努めた。7世王(在位1925~1935)のとき人民党によるクーデターが発生し、タイ国の政体は絶対王制から立憲君主制に移行した。
 1935年3月、7世王が後継者を指名することなく退位すると、人民代表議会は「王室典範」の規定に基づき、5世王の第二王妃による王孫で、当時スイスに留学中のアーナンタ・マヒドンを8世王(在位1935~1946)に指名した。1946年、成年に達した8世王は帰国して即位したが、まもなく王宮内で不慮の死を遂げたため、弟のプミポン・アドゥンヤデートが王位を継いでラーマ9世(在位1946~2016)となった。[石井米雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバンコク朝の言及

【ラタナコーシン朝】より

…トンブリー朝のタークシン王が精神錯乱に陥った後を受けて,軍の最高司令官チャクリ(のちのラーマ1世)が1782年バンコクを首都として創始した。始祖の名にちなんでチャクリ朝またはバンコク朝とも呼ばれる。6代目の王ワチラウットは,この王朝の歴代の王をラーマ何世と呼ぶ習慣を始めた。…

※「バンコク朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バンコク朝の関連キーワードプミポン・アドゥンヤデート国王クンチャーン・クンペーンプラ・アパイマニースントーン・プーラーマ(4世)ラーマ(5世)ラーマ(1世)ラーマ[1世]ラーマ(7世)クルンテープチャクリ王朝チャクリ改革東南アジア史タイ(国)ラーマ5世プミポンバンコクイナオ阮福映

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android