コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老女物 ロウジョモノ

3件 の用語解説(老女物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうじょ‐もの〔ラウヂヨ‐〕【老女物】

老女をシテとする能。「関寺小町」「檜垣(ひがき)」「姨捨(おばすて)」「鸚鵡小町(おうむこまち)」「卒都婆小町(そとばこまち)」の5曲をさす。特に「関寺小町」「檜垣」「姨捨」を三老女といい、最高の秘曲とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろうじょもの【老女物】

老女を主人公とする能。「関寺小町」「檜垣ひがき」「姨捨おばすて」「鸚鵡おうむ小町」「卒塔婆そとわ小町」の五曲をさす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老女物
ろうじょもの

能の用語。老女をシテとする能で、とくに重く扱われる。年齢、芸力がつり合わないと上演が許されない。老いた小野小町(おののこまち)を描く三番と、美しい舞姫であったために地獄に落ちた老女の霊の『檜垣(ひがき)』、山に捨てられた老女の悲しみと孤独を扱った『姨捨(おばすて)(伯母捨)』の五曲がある。『卒都婆(そとば)小町』を入口として、『鸚鵡(おうむ)小町』、その奥に三老女として『姨捨』『檜垣』『関寺(せきでら)小町』があり、最高の秘曲として扱われている。『関寺小町』は、喜多流を開いた喜多七太夫(しちだゆう)が演じ、その伝承経路が問題化して幕府から罰せられたほどの秘曲とされてきた。観世(かんぜ)流では比較的上演されるが、明治以降、1987年(昭和62)現在までに金春(こんぱる)流で三度、宝生(ほうしょう)流、喜多流では一度しか演じられておらず、金剛流は上演記録皆無である。なお金剛流では、現在能である『関寺小町』『鸚鵡小町』『卒都婆小町』を三老女として扱っている。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老女物の関連キーワード七小町草衣小町三番目物関寺小町寺小姓金花小町物三老女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老女物の関連情報