梅若実(1世)(読み)うめわかみのる[いっせい]

  • いっせい
  • うめわかみのる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]文政11(1828)
[没]1909
能楽師。観世流シテ方。輪王寺宮御用達鯨井平左衛門の子。梅若六郎氏暘の養子,前名亀次郎,六之丞,六郎。江戸城西丸奥詰。明治維新後,能楽衰亡のときに演能の努力を重ねて復興に努めた。 16世宝生九郎桜間左陣とともに明治三名人といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android