コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若実(1世) うめわかみのる[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若実(1世)
うめわかみのる[いっせい]

[生]文政11(1828)
[没]1909
能楽師。観世流シテ方。輪王寺宮御用達鯨井平左衛門の子。梅若六郎氏暘の養子,前名亀次郎,六之丞,六郎。江戸城西丸奥詰。明治維新後,能楽衰亡のときに演能の努力を重ねて復興に努めた。 16世宝生九郎桜間左陣とともに明治三名人といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

梅若実(1世)の関連キーワード牧野省三宇田川榕菴[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世カション

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android