コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚夏針手 たなか はりて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

棚夏針手 たなか-はりて

1902- 大正時代の詩人。
明治35年生まれ。大正11年「明星」「白孔雀」に作品がのりデビュー。「青騎士」「詩と音楽」などの詩誌に関係し,近藤東らと交流した。シュールレアリスム詩人の先駆者のひとり。大正10年代以降は詩作からとおざかり,昭和25年以降は消息も不明。55年鶴岡善久編で「棚夏針手詩集」が刊行された。東京出身。本名は田中真寿。筆名は別に田中新珠。名は「しんしゅ」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

棚夏針手の関連キーワード棚夏 針手大正時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android