コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森の石松

2件 の用語解説(森の石松の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

森の石松

1949年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、脚本:新藤兼人、撮影:生方敏夫。出演:藤田進、殿山泰司轟夕起子朝霧鏡子飯田蝶子、笠智衆ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森の石松
もりのいしまつ

江戸末期の博徒。生年不詳。遠州(静岡県)森の木挽(こびき)職人繁蔵の子という説と、三河(愛知県)八名(やな)郡で生まれたという説がある。東海道で有名な清水次郎長(しみずのじろちょう)の子分であったことは人の知るところ。石松は次郎長の代参として金毘羅詣(こんぴらもう)でをした帰り、都田(みやこだ)の常吉(つねきち)家へ寄ったところ、御幸山鎌太郎(みゆきやまかまたろう)からの預り金を、常吉の兄、吉兵衛に一晩貸すことになる。その返済を迫ったところ、吉兵衛兄弟らによって1860年(万延1)6月1日の夜、閻魔堂(えんまどう)(静岡県浜松市浜北区道本(どうほん))のあたりで襲われ、殺されたといわれている。今日伝えられているように、目が片方で、大酒飲み、喧嘩(けんか)好き、正直者であったというのは、講釈師3代目神田伯山(はくざん)が有名にし、さらに浪曲師2代目広沢虎造(とらぞう)が人気者に仕立て上げたもの。本当は両目が見えたという。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森の石松の関連キーワード婚期安城家の舞踏会夜の河OUT偽れる盛装越前竹人形女経西陣の姉妹襤褸の旗わが生涯のかがやける日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森の石松の関連情報