轟夕起子(読み)とどろき ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

轟夕起子 とどろき-ゆきこ

1917-1967 昭和時代の映画女優。
大正6年9月11日生まれ。宝塚少女歌劇団から昭和12年日活にはいり,「宮本武蔵」のお通役でデビュー。宝塚出身として成功した最初の女優で,日活の人気スターとなった。戦後はフリーで活躍。昭和42年5月11日死去。49歳。東京出身。京都府立第二高女中退。本名は西山都留子(つるこ)。出演作品に「限りなき前進」「肉体の門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とどろきゆきこ【轟夕起子】

1917‐67(大正6‐昭和42)
映画女優。宝塚少女歌劇のトップスターからセンセーショナルな映画界入りを果たし,その後の宮城千賀子月丘夢路,月丘千秋,有馬稲子越路吹雪乙羽信子八千草薫といった〈宝塚女優〉の先鞭をつけた。東京麻布生れ。本名西山都留子。作曲家の山田耕筰から轟夕起子という芸名をもらい,1932年,宝塚少女歌劇団に入り,娘役として,とくに男役の小夜(さよ)福子とコンビを組んで大成功。都留子の名をもじったトルコの愛称で親しまれ,人気も絶頂に達した37年に,日活に引き抜かれて映画に転向した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android