コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟夕起子 とどろき ゆきこ

2件 の用語解説(轟夕起子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

轟夕起子 とどろき-ゆきこ

1917-1967 昭和時代の映画女優。
大正6年9月11日生まれ。宝塚少女歌劇団から昭和12年日活にはいり,「宮本武蔵」のお通役でデビュー。宝塚出身として成功した最初の女優で,日活の人気スターとなった。戦後はフリーで活躍。昭和42年5月11日死去。49歳。東京出身。京都府立第二高女中退。本名は西山都留子(つるこ)。出演作品に「限りなき前進」「肉体の門」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とどろきゆきこ【轟夕起子】

1917‐67(大正6‐昭和42)
映画女優。宝塚少女歌劇のトップスターからセンセーショナルな映画界入りを果たし,その後の宮城千賀子月丘夢路,月丘千秋,有馬稲子越路吹雪乙羽信子八千草薫といった〈宝塚女優〉の先鞭をつけた。東京麻布生れ。本名西山都留子。作曲家の山田耕筰から轟夕起子という芸名をもらい,1932年,宝塚少女歌劇団に入り,娘役として,とくに男役の小夜(さよ)福子とコンビを組んで大成功。都留子の名をもじったトルコの愛称で親しまれ,人気も絶頂に達した37年に,日活に引き抜かれて映画に転向した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

轟夕起子の関連キーワード田中絹代吾妻光泉清子川柳(11代)滝花久子橘弘一郎堤真佐子服部富子三浦光子(2)矢野口文雄

轟夕起子の関連情報