コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟夕起子 とどろき ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

轟夕起子 とどろき-ゆきこ

1917-1967 昭和時代の映画女優。
大正6年9月11日生まれ。宝塚少女歌劇団から昭和12年日活にはいり,「宮本武蔵」のお通役でデビュー。宝塚出身として成功した最初の女優で,日活の人気スターとなった。戦後はフリーで活躍。昭和42年5月11日死去。49歳。東京出身。京都府立第二高女中退。本名は西山都留子(つるこ)。出演作品に「限りなき前進」「肉体の門」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とどろきゆきこ【轟夕起子】

1917‐67(大正6‐昭和42)
映画女優。宝塚少女歌劇のトップスターからセンセーショナルな映画界入りを果たし,その後の宮城千賀子月丘夢路,月丘千秋,有馬稲子越路吹雪乙羽信子八千草薫といった〈宝塚女優〉の先鞭をつけた。東京麻布生れ。本名西山都留子。作曲家の山田耕筰から轟夕起子という芸名をもらい,1932年,宝塚少女歌劇団に入り,娘役として,とくに男役の小夜(さよ)福子とコンビを組んで大成功。都留子の名をもじったトルコの愛称で親しまれ,人気も絶頂に達した37年に,日活に引き抜かれて映画に転向した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

轟夕起子の関連キーワード陽のあたる坂道歴史 第二部若い川の流れ歴史 第一部歴史 第三部せきれいの曲赤い波止場箱根風雲録武蔵野夫人続姿三四郎母は死なず森の石松昭和時代銀座の女女中ッ子才女気質姿三四郎空襲爆音細雪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轟夕起子の関連情報