コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森崎東 モリサキアズマ

3件 の用語解説(森崎東の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もりさき‐あずま〔‐あづま〕【森崎東】

[1927~ ]映画監督。長崎の生まれ。喜劇作品を多く手がける。「ニワトリはハダシだ」で芸術選奨。代表作「喜劇・女は度胸」「時代屋の女房」「塀の中の懲りない面々」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

森崎東【もりさきあずま】

映画監督。長崎生れ。1954年京大卒。1956年松竹に入社後,山田洋次監督の助監督や共同脚本を手がけ,《喜劇・女は度胸》(1969年)で監督デビュー。《喜劇・女は男のふるさとヨ》(1970年)に始まる〈女シリーズ〉で,庶民のパワーが爆発する喜劇ならぬ自称〈怒劇〉を手がける。
→関連項目夏目雅子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森崎東 もりさき-あずま

1927- 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和2年11月19日生まれ。昭和31年松竹にはいり,44年「喜劇・女は度胸」で監督デビュー。「喜劇・女は男のふるさとヨ」などを監督。50年フリーとなり,52年「黒木太郎の愛と冒険」を発表。平成17年「ニワトリはハダシだ」で芸術選奨。ほかに「時代屋の女房」「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」など。長崎県出身。京大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森崎東の関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森崎東の関連情報