コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森川馬谷(初代) もりかわ・ばこく

1件 の用語解説(森川馬谷(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

森川馬谷(初代)

没年:寛政3.1.8(1791.2.10)
生年:正徳4(1714)
江戸中期の講釈師。江戸の町医森川玄昌の次男。本名伝吉。馬場文耕の門人となるが,のちに独立して一派をなした。別に尾張の浪人森川庄左衛門説があり,これは江戸の馬喰町に住む大道講釈で8人家族を養った(馬喰町で八人の口を養う)ので馬谷と称したというが,俗説であろう。読物を軍記物,御家騒動物,世話物の3種に分けたり,前座をひとり使うなど講釈界の形態を整えた。また後世に引き継がれた講釈場の看板やビラの書き方も馬谷が創始した。正月の初席には「大岡仁政談」「伊達大評定」「理世安民記」と併書した看板を出したが,3字合わせて大伊理(大入り)で縁起を祝ったものという。没月日は2月8日ともいわれている。<参考文献>関根黙庵『講談落語今昔譚』(改題復刻『講談落語考』,1960)

(吉沢英明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森川馬谷(初代)の関連キーワード空板講釈師赤松梅竜神田伯竜(初代)神田伯竜(2代)乾坤坊良斎原栄宅森川馬谷吉田天山

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone