コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森広蔵 もりこうぞう

2件 の用語解説(森広蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森広蔵
もりこうぞう

[生]1873.2.24. 鳥取
[没]1944.1.12.
大正・昭和期の財界人。東京高等商業学校を卒業後,横浜正金銀行に入り,1922年に取締役台湾銀行副頭取,頭取を経て 29年に安田に入り,安田保善社理事,安田銀行副頭取として活躍。東京銀行集会所会長,経済団体連合会 (経団連) 副会長,日本経営者団体連盟 (日経連) 常務理事を歴任し,40年には安田保善社総務理事に就任,財界において大きな影響力を誇った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森広蔵 もり-こうぞう

1873-1944 明治-昭和時代前期の銀行家,財界人。
明治6年2月24日生まれ。横浜正金銀行取締役から,大正12年経営不安の台湾銀行に転じ,14年頭取となる。再建ならず昭和2年辞任。4年安田銀行副頭取,安田保善社理事にむかえられ,安田財閥の最高幹部として活躍した。日本経済連盟会常務理事。昭和19年1月12日死去。72歳。鳥取県出身。高等商業(現一橋大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森広蔵の関連キーワード徳川久子階乗鳥取大学没・歿勃・歿・没三角数鳥取県鳥取市浜坂鳥取県鳥取市布勢Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone