森戸三休(読み)もりと さんきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森戸三休 もりと-さんきゅう

1686-1763 江戸時代中期の剣術家。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。江戸に出,上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)の師範森戸朝恒に浅山一伝流をまなぶ。門弟中よりえらばれて師の名跡をつぎ,同藩につかえた。門人は7000人に達したという。宝暦13年10月10日死去。78歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は林。名は偶太(ますさと)。通称は別に三太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android