コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森本慶三 もりもと けいぞう

2件 の用語解説(森本慶三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本慶三 もりもと-けいぞう

1875-1964 明治-昭和時代のキリスト者。
明治8年3月10日生まれ。岡山県津山伏見町の呉服・金融商。内村鑑三に師事して無教会派の信徒となり,大正15年津山基督(キリスト)教図書館,昭和25年津山基督教図書館高校,38年津山科学教育博物館を設立。地域での伝道,人材育成につとめた。昭和39年12月5日死去。89歳。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

森本慶三

没年:昭和39.12.5(1964)
生年:明治8.3.10(1875)
明治から昭和の無教会キリスト者。岡山県津山伏見町(津山市)の呉服商森本藤吉,ふさの3男。明治27(1894)年京都府立一中を卒業,兄が夭折していたので家業を継ぐ。内村鑑三の『求安録』に感銘して同33年に上京,以来その指導を受ける。同38年東京帝国大学農科大学を卒業,香川県と岡山県の農業技師を勤めたのち,再び家業に従事。同43年に呉服商を廃業,家産を整理,大正15(1926)年,キリスト教の社会学校として津山基督教図書館を設立,以後津山基督教学園を創立(1950),津山科学教育博物館を開館(1963)するなど,その人生を地域の文化向上と人材の育成にささげた。地域に根ざしたキリスト者として戦争中も平和を説いた。<著作>『森本慶三選集』全5巻<参考文献>森本謙三編『津山基督図書館五十年誌』,同編『森本慶三と社会教育』,同編『明治初期津山周辺での基督教を受入れた人々』

(大濱徹也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

森本慶三の関連キーワード中村雀右衛門少年犯罪水俣病ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動同治帝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone