コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林評価(読み)しんりんひょうか

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんひょうか【森林評価】

森林のもつ木材生産機能と環境保全機能を評価すること。木材生産機能は林産物の市場財としての価値を評価の対象とする。長期にわたりストックされ,有形固定資産としての財産価値および成熟した後は販売可能な棚卸資産としての価値をもっている。長期の育林生産過程の終りに林木の形で生産物が得られ,伐採,搬出による素材生産過程を経て市場で価値が実現される。この反面,長期間ストックされる過程では,水源涵養(かんよう)機能,洪水防止機能,山地災害防止機能,保健休養機能,気候調節機能,騒音防止機能,生物共存社会の保護機能など環境財としての働きが評価の対象となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる