コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林評価 しんりんひょうか

1件 の用語解説(森林評価の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんひょうか【森林評価】

森林のもつ木材生産機能と環境保全機能を評価すること。木材生産機能は林産物の市場財としての価値を評価の対象とする。長期にわたりストックされ,有形固定資産としての財産価値および成熟した後は販売可能な棚卸資産としての価値をもっている。長期の育林生産過程の終りに林木の形で生産物が得られ,伐採,搬出による素材生産過程を経て市場で価値が実現される。この反面,長期間ストックされる過程では,水源涵養(かんよう)機能,洪水防止機能,山地災害防止機能,保健休養機能,気候調節機能,騒音防止機能,生物共存社会の保護機能など環境財としての働きが評価の対象となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森林評価の関連キーワード自然環境保全地域農業の多面的機能全機森林環境教育森林のもつ多面的機能水産業・漁村のもつ多面的機能農業のもつ多面的機能水土保全林森林と人との共生林資源の循環利用林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone