コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物の種 しょくぶつのしゅSpecies Plantarum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物の種
しょくぶつのしゅ
Species Plantarum

分類学者 C.リンネの著書。 1753年刊。『自然の体系』などに比して必ずしも代表的著作ではないが,『自然の体系』第 10版 (1758) が動物命名法の出発点とされるのと同様に,『植物の種』は植物の学名を命名するときの出発点となっていることで重要。すなわちこの時点よりのちに発表された学名で,命名規約に合い,優先権などについても問題のないものが有効な学名とみなされる。『植物の種』では,分類原則として雌雄蕊 (ずい) の数によって群を分けている。この原則はいまは用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

植物の種の関連キーワードセラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟競争(社会心理学)シードボールペンシダ(羊歯)係数ハーバリウム特定外来生物シードバンク大井次三郎稲荷山資生蒔く・播く前川 文夫ゴマージュ天然香辛料工芸作物種子化石植物区系河口龍夫コマロフ雌雄異株

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植物の種の関連情報