コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植(え)込み型除細動器 ウエコミガタジョサイドウキ

1件 の用語解説(植(え)込み型除細動器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うえこみがた‐じょさいどうき〔うゑこみがたヂヨサイドウキ〕【植(え)込み型除細動器】

心室頻拍心室細動など頻脈性不整脈の治療のため患者の体内に植え込まれる小型の医療装置。ICD(implantable cardioverter-defibrillator)。→自動体外式除細動器
[補説]ICDはチタン製の本体と1本または複数のリード線から構成される。本体には電子回路・電池・コンデンサーなどが内蔵され、通常は患者の左胸上部の皮下に植え込まれる。リード線は鎖骨下の静脈から挿入し、心室内の適切な位置に留置される。このリードを通じて心臓の動きを常時監視し、致死性の不整脈を感知すると、適切な電気ショックを発生させ心臓の拍動を正常なリズムに戻す。電池が消耗するため5~10年ごとに手術をして交換する必要がある。ICDを植え込んだ患者は、通常3~6か月ごとに定期健診を受け、プログラマー呼ばれる装置によって体外からICD内の電子回路と交信し、発作時の動作記録や電池残量などを確認する。また病状の変化に必要に応じてICDの設定を変更することもできる。ICDには徐脈性不整脈を治療するペースメーカーの機能も搭載されている。また、左右の心室にほぼ同時に電気ショックを与える機能を搭載したCRT-D(cardiac resynchronization therapy defibrillator)と呼ばれる装置もあり、重症の心不全の治療などに用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植(え)込み型除細動器の関連キーワード除細動器心室細動アダムスストークス症候群細動除細動徐脈性不整脈心室頻拍頻脈性不整脈植え込み型除細動器不確定不整脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone