楊逸(読み)ヤンイー

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楊逸 ヤン-イー

1964- 平成時代の小説家。
1964年6月18日中国ハルビン生まれ。昭和62年留学生として来日。お茶の水女子大卒業後,在日中国人向けの新聞社勤務をへて,中国語講師となる。平成19年「ワンちゃん」で文学界新人賞。2人の中国人大学生の成長をとおして現代中国と日本をえがいた「時が滲む朝」で20年芥川賞を受賞。日本語以外の言語を母語とする作家として初めての受賞となった。本名は劉荍。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楊逸の関連情報