コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠美恩三郎 くすみ おんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠美恩三郎 くすみ-おんざぶろう

1868-1927 明治-大正時代の教育者,作曲家。
慶応4年3月25日生まれ。楠美冬次郎の弟。館山漸之進(ぜんのしん)の甥(おい)。母校東京音楽学校(現東京芸大)の教授となり,オルガンと作曲をおしえる。明治43年尋常小学唱歌の編集委員。「星」などを作曲。家芸の平家琵琶(びわ)の採譜もおこなった。昭和2年10月8日死去。60歳。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠美恩三郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android