コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館山漸之進 たてやまぜんのしん

2件 の用語解説(館山漸之進の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

館山漸之進
たてやまぜんのしん

[生]弘化2(1845).弘前
[没]1916.2.17. 東京
平曲演奏家・研究家。津軽藩に平曲を興した楠美則徳の曾孫,麻岡検校門下の楠美太素の子。館山源右衛門の養子。父太素,兄楠美晩翠から平曲を学んだ。 1905年邦楽保存の必要を上奏,07年東京音楽学校邦楽調査掛嘱託となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

館山漸之進 たてやま-ぜんのしん

1845-1916 明治-大正時代の官吏,平曲家(平家琵琶(びわ)家)。
弘化(こうか)2年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士楠美太素の子。館山家の養子。青森県で郡長,県会議員をつとめる。麻岡検校(けんぎょう)門の父にまなび,平曲の普及と伝統の保存に尽力。明治40年東京音楽学校(現東京芸大)邦楽調査掛嘱託となる。「平家音楽史」などをのこした。大正5年2月17日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の館山漸之進の言及

【平曲】より

… 明治時代になり,新政府が当道を廃止したため,収入の道の途絶えた平曲家たちは鍼灸(しんきゆう)の仕事などに転向することになる。前田流を伝えた津軽藩士の家の出である館山漸之進(ぜんのしん)(1845‐1916)はこうした平曲の衰運を嘆き,明治末年,平曲の保存と平曲家の育成に奔走し,1910年《平家音楽史》を自費出版するなど,平曲保存に力を尽くした。一方,京都に伝えられた波多野流は,最後の検校といわれた藤村性禅(しようぜん)(1853‐1911)の門下に専門家,しろうと合わせて何人かの弟子があったが,第2次世界大戦後,後継者は絶えた。…

※「館山漸之進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

館山漸之進の関連キーワード青山元市来政方稲生真履岩村清寿大迫貞武岡田磐沢宣元関宗喜高橋勝弘小原駩吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone