コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楢崎宗重(読み)ならざき むねしげ

美術人名辞典の解説

楢崎宗重

美術史学者・文学博士。佐賀県生。東大卒。『浮世絵芸術』『大和絵研究』等の雑誌編集に従事した後、立正大学千葉大学東洋大学国学院大学青山学院大学等の講師を兼任する。又『国華』の編集にも携わっていた。日本浮世絵協会常任理事・風俗史学会顧問・立正大学名誉教授・浮世絵太田記念美術館名誉館長。『北斎論』『美術と史学』『浮世絵史話』等の著書がある。勲四等旭日小授章受章。平成13年(2001)歿、97才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢崎宗重 ならざき-むねしげ

1904-2001 昭和-平成時代の美術史家。
明治37年6月26日生まれ。昭和17年立正大教授。37年日本浮世絵協会(現国際浮世絵学会)を設立し理事長。浮世絵の研究と紹介につとめた。平成13年7月18日死去。97歳。著作に「北斎論」「日本風景版画史論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楢崎宗重の関連情報