業人(読み)ゴウニン

  • ごうにん ゴフ‥
  • ごうにん〔ゴフ〕
  • わざびと

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 前世の悪業の報いとして現世の苦難をうける人。また、悪業(あくごう)を行なう人。業さらし。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「そりゃ皆こちが殺すは、こちとはいかいごう人と顔を見合せ泣きゐたり」
② 人をののしっていう語。業さらし。
※浄瑠璃・天神記(1714)三「罰あたりめ業人(ゴウにん)め」
〘名〙 技術のすぐれた人。巧みに操作する技術の持ち主。わざもの。
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉洒落た料理「西瓜の奈良漬の飛切りなのを大急ぎに態人(ワザビト)で京都の店まで届けて貰ふように頼んだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android