極浦(読み)きょくほ

精選版 日本国語大辞典「極浦」の解説

きょく‐ほ【極浦】

〘名〙 きわめて遠い浦。浦のかなた
※和漢朗詠(1018頃)下「夜極浦の波に宿すれば 青嵐吹いて皓月冷(すさま)じ〈慶滋為政〉」 〔皇甫冉‐送李録事赴饒州〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極浦」の解説

きょく‐ほ【極浦】

遠くまで続く海岸。また、はるか遠方にある海岸。
「―の波を分け、しほにひかれて行く舟は」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「極浦」の解説

【極浦】きよくほ

遥か遠くの浦回(うらわ)。〔楚辞、九歌、河伯〕日將(まさ)にれんとして、悵として歸ることをる 極浦を惟(おも)ひて、寤(さ)めて懷ふ

字通「極」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android