コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎本喜八 えのもと きはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎本喜八 えのもと-きはち

1936-2012 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和11年12月5日生まれ。昭和30年毎日に入団。一塁手で5番を打ち,新人王。山内一弘,葛城隆雄らとミサイル打線を構成。すぐれた選球眼,はやいスイングで「安打製造機」といわれた。実働18年,首位打者2回,通算2314安打,2割9分8厘,246本塁打。平成24年3月14日死去。75歳。東京出身。早稲田実業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

えのもと‐きはち【榎本喜八】

[1936~2012]プロ野球選手。東京の生まれ。昭和30年(1955)毎日(ロッテ前身)に入団。チームの中心打者として活躍し、「安打製造機」と称された。昭和43年(1968)には日本プロ野球史上最年少で2000本安打を達成した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

榎本喜八【えのもときはち】

プロ野球選手。内野手一塁を守る。東京都出身。早稲田実業高校では王貞治の4年先輩にあたる。2人を指導し,のちに読売ジャイアンツのコーチとなる荒川博が〈王の練習熱心は有名だが,榎本は王の倍も練習した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

榎本喜八の関連キーワードパシフィック・リーグ千葉ロッテマリーンズ12月5日野球殿堂一塁手

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

榎本喜八の関連情報