コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内一弘 やまうちかずひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山内一弘
やまうちかずひろ

[生]1932.5.1. 愛知
[没]2009.2.2. 神奈川 
プロ野球選手,コーチ,監督。1951年起工業高等学校を卒業,社会人野球の川島紡績を経て 1952年毎日オリオンズに入団。1年目から破壊力十分の「ミサイル打線」の中心打者として活躍。シュート打ちの名人,打撃の職人,との異名をとり,投手が自信をもって投げる内角球を本塁打にした。1964年小山正明投手とのトレードで阪神タイガースに移籍,1年目に 4番打者として優勝に導いた。1968年広島カープ(のちの広島東洋カープ)に移り,1970年に引退。ロッテ・オリオンズ(のちの千葉ロッテマリーンズ),中日ドラゴンズの監督を務めた。読売ジャイアンツなどでコーチを務め,「教え魔」と呼ばれるほどの熱血指導で知られた。通算出場試合数 2235,首位打者 1回,本塁打王 2回,打点王 4回,最優秀選手 MVP 1回。2002年野球殿堂入り。(→プロ野球

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山内一弘【やまうちかずひろ】

プロ野球選手。愛知県出身。旧名和弘。外野手。愛知県立起(おこし)工業高校卒業後,社会人野球を経て,1952年にテスト生としてパシフィック・リーグの毎日オリオンズ(のち大毎オリオンズ,ロッテオリオンズなどを経て,現在の千葉ロッテマリーンズとなる)に入団。毎日時代は榎本喜八(きはち)・田宮謙次郎らと〈ミサイル打線〉を形成し,リーグ優勝に貢献した。1963年のシーズンオフセントラル・リーグ阪神タイガースの小山正明(ピッチャー。通算で320勝232敗)との〈世紀の大トレード〉と呼ばれた交換トレードで阪神に移籍。のちセントラル・リーグの広島東洋カープにも在籍した。その後,ロッテオリオンズ,中日ドラゴンズの監督を務めた。毎日・大毎時代に首位打者1回,本塁打王2回,打点王4回,最高殊勲選手1回。通算では2271安打,396本塁打,打率2割9分5厘。〈山さん〉の愛称で親しまれ,その打撃スタイルなどから〈打撃の職人〉〈シュート打ちの名人〉〈オールスター男〉と呼ばれた。2002年に野球殿堂入り。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内一弘 やまうち-かずひろ

1932-2009 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和7年5月1日生まれ。ノンプロ川島紡績をへて,昭和27年毎日に入団。榎本喜八,葛城隆雄らとミサイル打線をくみ,シュート打ちの名人とよばれた。39年阪神,43年広島へ移籍。実働19年,首位打者1回,本塁打王2回,打点王4回。通算2271安打,2割9分5厘,396本塁打。のちロッテ,中日監督。平成14年野球殿堂入り。平成21年2月2日死去。76歳。愛知県出身。起(おこし)工高卒。旧名は和弘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山内一弘 (やまうちかずひろ)

生年月日:1932年5月1日
昭和時代;平成時代の野球解説者;元・プロ野球選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山内一弘の関連キーワード阪神タイガース生年月日山内

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山内一弘の関連情報