榛葉英治(読み)シンバエイジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榛葉英治 しんば-えいじ

1912-1999 昭和後期-平成時代の小説家。
大正元年10月21日生まれ。満州(中国東北部)にわたり,満州国外交部に勤務する。昭和23年から創作活動にはいり,女性の性をえがいた「渦」「淵」「流れ」の三部作で注目される。33年敗戦後の混乱した満州を舞台にした「赤い雪」で直木賞。平成11年2月20日死去。86歳。静岡県出身。早大卒。自伝に「八十年 現身の記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android