コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榛葉英治 シンバエイジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榛葉英治 しんば-えいじ

1912-1999 昭和後期-平成時代の小説家。
大正元年10月21日生まれ。満州(中国東北部)にわたり,満州国外交部に勤務する。昭和23年から創作活動にはいり,女性の性をえがいた「渦」「淵」「流れ」の三部作で注目される。33年敗戦後の混乱した満州を舞台にした「赤い雪」で直木賞。平成11年2月20日死去。86歳。静岡県出身。早大卒。自伝に「八十年 現身の記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

榛葉英治の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門コソボ創造性小沢剛小渕恵三内閣黒沢清難波和彦東チモール問題

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone