現身(読み)げんしん

大辞林 第三版の解説

うつしみ【現身】

〔江戸時代の国学者が上代語「うつせみ」「うつそみ」の語源と考えて作った語〕
この世に生きている身。うつそみ。 「 -は世にはかなくて言の葉の花のみ見むと思ひかけきや/杉のしづ枝」

うつそみ【現身】

〔「うつしおみ(現人)」の転〕
現世。うつせみ。 「 -の人なるわれや明日よりは/万葉集 165
この世の人。うつせみ。 「 -と思ひし時に携はり/万葉集 213

げんしん【現身】

〘仏〙
現世に生をうけている姿。うつしみ。
応身おうじん」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android