コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口隆康 ひぐち たかやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口隆康 ひぐち-たかやす

1919-2015 昭和後期-平成時代の考古学者。
大正8年6月1日生まれ。昭和25年京大講師,32年助教授。同年日本人学者のひとりとして戦後はじめて中国敦煌(とんこう)にはいった。34年以降京大学術調査隊に参加してインド,アフガニスタン,パキスタンなどの仏教遺跡を調査。50年京大教授。三角縁神獣鏡など古代銅器の研究でも知られた。58年泉屋博古館館長,平成元年奈良県立橿原(かしはら)考古学研究所長,5年シルクロード学研究センター所長。平成27年4月2日死去。95歳。福岡県出身。京都帝大卒。著作に「中国の銅器」「古鏡」「バーミヤーン石窟」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

ひぐち‐たかやす【樋口隆康】

[1919~2015]考古学者。福岡の生まれ。京大教授。シルクロードの学術調査や青銅器の研究で知られる。昭和32年(1957)、日本人として戦後初めて敦煌石窟に入った。また、三角縁神獣鏡が大量出土した椿井(つばい)大塚山古墳黒塚古墳の調査にも携わった。著作に「中国の銅器」「古鏡」「バーミヤーンの石窟」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の樋口隆康の言及

【大谷古墳】より

…墳丘の一部に埴輪がめぐり,葺石(ふきいし)を欠くらしい。1957,58両年,樋口隆康ら京都大学考古学研究室の発掘によって,後円部から家形石棺を検出し,その内外から装身具,武器,武具,馬具,農工具など多数の副葬品の出土をみた。古墳の営造年代は500年前後にあたる。…

※「樋口隆康」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

樋口隆康の関連キーワードC.メルヴィン エイキンス画文帯神獣鏡故宮博物院大谷古墳紫禁城樋口

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樋口隆康の関連情報