敦煌石窟(読み)トンコウセックツ

デジタル大辞泉の解説

とんこう‐せっくつ〔トンクワウセキクツ〕【敦煌石窟】

敦煌郊外、鳴沙山山腹にある石窟寺院。4~14世紀に造営され、約490窟が現存する。貴重な壁画仏像古文書古写本などが出土雲崗(うんこう)竜門の両石窟とともに中国の代表的仏教石窟。1987年、世界遺産(文化遺産)に登録された。千仏洞莫高窟(まっこうくつ・ばっこうくつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敦煌石窟
とんこうせっくつ

中国、甘粛(かんしゅく)省敦煌県城の南東20キロメートル、大泉河に臨む鳴沙山(めいさざん)の断崖(だんがい)に営まれた石窟寺院で、莫高窟(ばっこうくつ)(千仏洞)ともよばれる。1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。南北約2キロメートルにわたって486個を数える窟院が、2段、3段、4段と層をなして並んでいる。唐の碑文によると、石窟の開削は前秦(しん)の366年(建元2)楽(らくそん)の創建とされるが、現存する最古の窟としては北涼(ほくりょう)窟があり、その後、北魏(ぎ)、西魏、北周、隋(ずい)、唐、さらに元代にまで及んでいる。河岸の断崖に窟院を営む寺院形式は古くインドに始まり、西域(せいいき)を経て中国へと流行したが、これほど大規模で長期にわたって造営された例はない。
 岩質が礫岩(れきがん)でもろいために、塑像と壁画を発達させることとなった。壁画の保存状況は良好で、初期のものは仏伝図(ぶつでんず)、本生図(ほんじょうず)が多く、画風は西域的。やがて維摩経変(ゆいまきょうへん)、法華経変(ほけきょうへん)、阿弥陀浄土変(あみだじょうどへん)など、中原(ちゅうげん)の影響を色濃く反映するようになる。現存する石窟のうち唐窟が約半数を占めるが、異彩を放っている北大仏も、南大仏も、ともに唐代の造営である。中国政府の手で着々と修理計画が進められており、壁画の模写、図像の研究など、その成果にはみるべきものがある。[吉村 怜]
『柳宗玄・金岡照光著『世界の聖域 別巻2 敦煌石窟寺院』(1982・講談社) ▽中国文物出版社・平凡社国際提携出版編『敦煌莫高窟』全5巻(1982・平凡社) ▽潘茲著、土井淑子訳『敦煌の石窟芸術』(中公新書) ▽敦煌文物研究所編、健吾文『敦煌石窟』(1982・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android