コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準化死亡比

3件 の用語解説(標準化死亡比の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

標準化死亡比

 ある集団の死亡率を年齢構成比の異なる集団と比較するための指標で,集団について,実際の死亡数と期待(予測)される死亡(集団の年齢階層別の死亡率とその階層の人口をかけ合わせたものの総和)の比.この値が100以上であると,その集団の死亡率は何らかの理由で高いといえる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

標準化死亡比

自殺による死亡率は年齢によって違いがあるため、異なる年齢構成の地域の自殺率をそのまま比較できない。そのため、標準的な年齢構成を対象地域に当てはめ、計算で予測される自殺者数と実際の自殺者数を比較したものが標準化死亡比で、この値が100以上だと自殺率は高く、100以下だと低いとされる。

(2011-01-12 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

標準化死亡比
ひょうじゅんかしぼうひ
standardized mortality ratio

年齢構成の違いを除去して死亡率を比較するための指標。略称SMR。子どもより高齢者の死亡率が高いのは当然なので、高齢者の多い村、若者の多い都市など年齢構成が大きく違う集団や地域の死亡率はそのままでは比較できない。そのために標準的な年齢構成にあわせて、年齢階級別の死亡率を計算して比較するが、そのために使う数値をいう。日本平均を100としており、数字が多い地域は死亡率が高いと判断される。たとえば、ある地域の実際の死者が1万2000人とする。一方、日本全体の年齢階級ごとの基準死亡率(人口10万人につき、14歳未満は2人、15歳から64歳は92人、65歳以上は980人)をその地域の人口にあてはめ、各階級ごとの死亡期待数を出して合計する。その値が1万人だった場合、SMR=12000÷10000×100で、120となる。地域全体の死亡だけでなく、個々の病気ごとのSMRを計算・比較することにより、たとえば、この地域は肝臓癌(がん)死亡が際だって多い、などの様相が浮かんでくる。[田辺 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標準化死亡比の関連キーワード外因死死因別死亡率訂正死亡率年齢調整死亡率ゴンペルツの法則ヘイゼンの定理死亡保障終局表境界体山梨県の自殺死亡率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標準化死亡比の関連情報