コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準星 ひょうじゅんせい standard star

3件 の用語解説(標準星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準星
ひょうじゅんせい
standard star

星の明るさや色を決めるための標準となる星。最も早くから利用され,現在もよく使われているのは,北半球では一年中見える天の北極付近の約百個の星で,これらの明るさや色は写真観測により精密に決められており,北極標準星と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

標準星【ひょうじゅんせい】

等級,色指数,スペクトル型などの観測量を標準システムで表すために指定された一群の恒星。特に等級・色指数のための標準星である測光標準星をさす場合が多い。代表的なものに,UBVシステムの10個の第1次標準星とこれから派生した多数の標準星があり,主として光電測光に利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんせい【標準星 standard star】

等級,色指数,スペクトル型などの天体物理学的な観測量を標準のシステムで表すために指定された一群の恒星をいうが,とくに等級・色指数の標準星,すなわち測光標準星を意味する場合が多い。 測光標準星として最初に国際的に定められたのは〈北極系列〉と呼ばれる天の北極付近の100個近い星々で,写真測光のために長く使われた。一方,現代の代表的な測光標準星としては,H.L.ジョンソンらが定めたUBVシステムのものがあり,10個の第1次標準星とこれから派生した多数の標準星が全天に分布し,おもに光電測光のために用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

標準星の関連キーワードアークスペクトル吸収スペクトルスペクトル型閃光スペクトル線スペクトル発光スペクトル連続スペクトル火花スペクトル炎光スペクトルノーアスペクト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone