模造真珠(読み)もぞうしんじゅ(英語表記)imitation pearl

  • もぞうしんじゅ〔モザウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝類など生物によることなく、真珠光沢を発する物質を球状の核に塗って真珠に似せたもの。真珠が生物のつくりだしたものであるのに対して工業製品であり、人造真珠ともいう。かつては、タチウオなど魚の鱗(うろこ)に含まれる色素グアニンがよく用いられたが、近年は炭酸鉛を主成分としたものを、プラスチック核の表面に加工したものが多い。[和田克彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android