コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸鉛 たんさんなまり lead carbonate

3件 の用語解説(炭酸鉛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭酸鉛
たんさんなまり
lead carbonate

化学式 PbCO3 。天然には白鉛鉱として産出する。無色の結晶。比重 6.6。加熱により容易に分解し,二酸化炭素を放出する。この分解圧は 300℃で1気圧に達する。2価の鉛塩の水溶液を加熱し,炭酸アルカリを加えて得られる炭酸塩は,塩基性炭酸鉛 2PbCO3・Pb(OH)2 であり,古くより鉛白として知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんさんなまり【炭酸鉛 lead carbonate】

化学式PbCO3。天然には白鉛鉱として産出する硝酸カリウム型の無色斜方晶系の結晶。しばしば市販の塩基性炭酸鉛(炭酸水酸化鉛(II) 2PbCO3・Pb(OH)2)を誤って炭酸鉛と俗称することがある。鉛(II)塩の水溶液に炭酸水素ナトリウムまたは炭酸アンモニウムを加えるとPbCO3,2PbCO3・Pb(OH)2,Pb(OH)2の混合物として沈殿する。水に対する溶解度は25℃で2.5×10-3g/dm3程度,アルカリ性水溶液あるいはクエン酸溶液には可溶である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸鉛
たんさんなまり
lead carbonate

塩基性塩2PbCO3Pb(OH)2が鉛白(えんぱく)とよばれて市販されよく知られているので、炭酸鉛というときこの物質をさすことがあるが、これは炭酸水酸化鉛()とよぶのが正しい。炭酸鉛というのは正塩のことである。
 天然に白鉛鉱として産出する。鉛()塩の冷水溶液に炭酸アンモニウムまたは炭酸水素ナトリウムを加えるとき得られる無色の結晶。熱すると酸化鉛()と二酸化炭素に分解する。水に難溶。アルカリ水溶液、クエン酸水溶液に溶ける。熱水からつくるか、または水溶液を放置すると塩基性塩が得られる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭酸鉛の関連キーワードクロム酸鉛白鉛鉱硫化亜鉛硫酸ナトリウム硫酸鉛天然ウラン硫化銀鉛鉱物硫化鉛硫化ビスマス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone