コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸鉛 たんさんなまりlead carbonate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭酸鉛
たんさんなまり
lead carbonate

化学式 PbCO3 。天然には白鉛鉱として産出する。無色の結晶。比重 6.6。加熱により容易に分解し,二酸化炭素を放出する。この分解圧は 300℃で1気圧に達する。2価の塩の水溶液を加熱し,炭酸アルカリを加えて得られる炭酸塩は,塩基性炭酸鉛 2PbCO3・Pb(OH)2 であり,古くより鉛白として知られている。鉛白はオイルペイント用顔料,ガラスや金属用磨き粉,炭酸鉛紙の製造などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんさんなまり【炭酸鉛 lead carbonate】

化学式PbCO3。天然には白鉛鉱として産出する硝酸カリウム型の無色斜方晶系の結晶。しばしば市販の塩基性炭酸鉛(炭酸水酸化鉛(II) 2PbCO3・Pb(OH)2)を誤って炭酸鉛と俗称することがある。鉛(II)塩の水溶液に炭酸水素ナトリウムまたは炭酸アンモニウムを加えるとPbCO3,2PbCO3・Pb(OH)2,Pb(OH)2の混合物として沈殿する。水に対する溶解度は25℃で2.5×10-3g/dm3程度,アルカリ性水溶液あるいはクエン酸溶液には可溶である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸鉛
たんさんなまり
lead carbonate

塩基性塩2PbCO3Pb(OH)2が鉛白(えんぱく)とよばれて市販されよく知られているので、炭酸鉛というときこの物質をさすことがあるが、これは炭酸水酸化鉛()とよぶのが正しい。炭酸鉛というのは正塩のことである。
 天然に白鉛鉱として産出する。鉛()塩の冷水溶液に炭酸アンモニウムまたは炭酸水素ナトリウムを加えるとき得られる無色の結晶。熱すると酸化鉛()と二酸化炭素に分解する。水に難溶。アルカリ水溶液、クエン酸水溶液に溶ける。熱水からつくるか、または水溶液を放置すると塩基性塩が得られる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

炭酸鉛の関連キーワード炭酸鉛(データノート)炭酸水素ナトリウムシルバー・ホワイト炭酸アンモニウム硝酸カリウム炭酸水酸化鉛パール顔料塩基性塩模造真珠混合物溶解度亜鉛華酸化鉛白粉真珠鉛丹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android