コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機法一体 きほういったい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機法一体
きほういったい

浄土宗の一派である西山派浄土真宗とで用いられる言葉で,一般の人々がもっている潜在的可能性 (機) と仏陀 (特に阿弥陀仏) の教え (法) とが,本来不二一体であるとする説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きほういったい【機法一体】

〘仏〙「機」と「法」が南無阿弥陀仏の名号みようごうにおいて一体となって成立していること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

機法一体の関連キーワード南無阿弥陀仏浄土宗名号時宗機法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android