コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀・真弓 まゆみ

大辞林 第三版の解説

まゆみ【檀・真弓】

ニシキギ科の落葉小高木。山野に生え、庭木ともする。葉は対生。雌雄異株。初夏、淡緑色の花が集散花序につく。果実は秋に熟し、裂開して赤い種子を露出する。材は弓を作るのに用いた。ヤマニシキギ。 〔「檀の実」は [季]秋〕
の丸木で作った弓。
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は黄。秋に多く用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

檀・真弓の関連キーワードヤマニシキギニシキギ科集散花序雌雄異株

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android