コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マユミ Euonymus sieboldianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マユミ
Euonymus sieboldianus

ニシキギ科の落葉低木であるが,ときには高さ3~5mの高木になることがある。ヤマニシキギともいう。日本各地の山野に自生し,庭木としても栽植される。よく分枝して枝を横に伸ばし,葉を対生する。葉は長さ5~10cmほどの楕円ないし倒卵状楕円形で先端が鋭くとがり,縁に鈍い鋸歯がある。初夏,前年に出た枝の基部集散花序をなして,淡緑色の小花を十数個ずつつける。萼片,花弁とも4枚で,花弁の長さは 5mmほどあり開出する。おしべは4本あり,めしべの基部は花盤となる。雌雄異株で,果実は四角形の 蒴果となり,熟すると4片に裂けて朱赤色の種子を露出する。葉は秋に美しく紅葉する。材は種々の細工物に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マユミ

ヤマニシキギとも。ニシキギ科の落葉低木〜小高木。北海道〜九州,朝鮮半島南部の山野にはえる。枝は緑色で白いすじがあり,葉は対生,楕円形で先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マユミ
まゆみ / 真弓
[学]Euonymus sieboldianus Bl.

ニシキギ科の落葉小高木。大きいものは高さ10メートルに達する。枝は黄褐色を帯びる。葉は普通長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~15センチメートル、先端は短くとがり、裏面は毛がない。雌雄異株。5~6月、葉腋(ようえき)から長い柄のある集散花序を垂れ下げ、径約8ミリメートルで4数性の淡緑色花を開く。明瞭(めいりょう)な花糸があって、葯(やく)より長い。葯は黒紫色。果実は倒四角錐(すい)形。低山地に普通に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。葉の裏面主脈上に毛があり、深山に生える変種をユモトマユミという。材はこけしや将棋の駒(こま)などに利用し、若芽はゆでて食用とする。[門田裕一]

文化史

語源は真弓で、古くは弓の材にされたといわれるが、福井県鳥浜貝塚の縄文時代の出土弓はカシ材が多い。『古事記』『日本書紀』には梓弓(あずさゆみ)との並記がみられる。『万葉集』には7首に真弓、白檀弓(しらまゆみ)あるいは白檀(しらまゆみ)の表現があり、枕詞(まくらことば)的に使用されている。例外は巻7の「南淵(みなみぶち)の細川山に立つ檀(まゆみ) 弓束(ゆづか)まくまで人に知られじ」(巻7)で、マユミの野生木が描写されている。『源氏物語』の篝火(かがりび)の巻には「いと涼しげなる遣水(やりみず)のほとりに、けしきことに広ごり伏したる檀(まゆみ)の木の下に打松(うちまつ)おどろ」と書かれ、平安時代庭でマユミが植えられていたことが知られる。江戸時代からいけ花にもされ、『替花伝秘書(かわりはなでんひしょ)』(1661)は「八月一五日に生ける“心(しん)”にマユミを使う」と記している。『和名抄(わみょうしょう)』では檀に萬由三(まゆみ)、衛矛(えいぼう)に久曽末由美(くそまゆみ)(現在不明の種)をあてているが、中国ではマユミ属には衛矛が使われる。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマユミの言及

【ニシキギ】より

…日本全土,サハリン,中国に分布する。 枝にコルク質の翼が発達しないものをコマユミform.ciliatodentatus (Fr.et Sav.) Hiyamaとして区別する。山に野生しているのはこれが普通である。…

※「マユミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マユミの関連キーワード団・團・壇・弾・彈・断・斷・暖・檀・段・男・談ユウマダラエダシャクニシキギ(錦木)やっさもっさマユミーヌ襲津彦真弓谷口真由美金 賢姫楢崎 勤横山真弓平岡明純真弓の紙白真弓檀の木山錦木稲尾岳破魔弓川隈葛沖島山錦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マユミの関連情報