檀香(読み)だんこう

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐こう ‥カウ【檀香】

〘名〙 中国、東南アジアから輸入される木材のうち、芳香を伴うものの総称。栴檀(せんだん)、白檀(びゃくだん)、紫檀(したん)など。
※今昔(1120頃か)六「多宝仏塔を造り奉る、高さ三尺許也、諸の檀香等を以て造れり」 〔本草綱目‐木部〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

檀香 (ビャクダン・ダンコウ)

学名:Santalum album
植物。ビャクダン科の常緑半寄生高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android