(読み)ダン

デジタル大辞泉の解説

だん【檀】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ダン(呉) タン(漢) [訓]まゆみ
〈ダン〉
香木の名。「檀香栴檀(せんだん)白檀(びゃくだん)
ニシキギ科の落葉樹の名。マユミ。「檀紙
梵語の音訳字。布施。「檀家檀那
〈タン〉木の名。「黒檀紫檀

ま‐ゆみ【×檀/真弓】

ニシキギ科の落葉低木。山野に生え、葉は楕円形で、対生。雌雄異株。初夏、緑白色の小花が集まって咲き、果実はほぼ四角形で、熟すと四つに裂けて赤い種子が現れる。古くは材で弓を作った。やまにしきぎ。かわくまつづら。 花=夏 実=秋》
(「檀弓」とも書く)マユミの木で作った弓。
襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は。多く秋に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

檀 (タマツバキ)

植物。モクセイ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物。ネズミモチの別称

檀 (マユミ)

学名:Euonymus sieboldianus
植物。ニシキギ科の落低木・小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だん【檀】

〘名〙 (dāna 檀那の略) 仏語。布施すること。
※雑談集(1305)一「六度三学は開合の異也。檀(ダン)は諸度の始、施に六度を接し、群生を利す」

だん【檀】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報