檄を飛ばす(読み)ゲキヲトバス

デジタル大辞泉の解説

檄(げき)を飛(と)ば・す

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄
[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、「自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求めること」で使う人が19.3パーセント、「元気のない者に刺激を与えて活気づけること」で使う人が72.9パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げきをとばす【檄を飛ばす】

檄を方々に急いで出し、決起を促す。 〔現代では「激を飛ばす」などと書き、激励したり発奮させたりする意に用いられるが、本来は誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げき【檄】 を 飛(と)ばす

人々を急いで呼び集める。また、自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求める。飛。また、誤って、がんばるよう激励するように用いられることもある。
※畔柳都太郎宛夏目漱石書簡‐明治四〇年(1907)九月七日「四方に檄を飛ばして貸家を探してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檄を飛ばすの関連情報