コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜垣常和 ひがき つねかず

美術人名辞典の解説

檜垣常和

江戸前期の国学者。伊勢の人。外宮祢宜、のち長官正三位となる。元禄13年(1700)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

檜垣常和 ひがき-つねかず

1617-1700 江戸時代前期の神職。
元和(げんな)3年生まれ。10歳で伊勢神宮外宮(げくう)禰宜(ねぎ)となる。天和(てんな)2年(1682)長官。正三位。元禄(げんろく)13年8月13日死去。84歳。伊勢(三重県)出身。本姓度会(わたらい)。名はのち朝和。著作に「豊受皇太神宮諸祭由緒記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

檜垣常和の関連キーワード元和神職

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android