歓楽極まりて哀情多し(読み)カンラクキワマリテアイジョウオオシ

  • =生(しょう)ず
  • かんらく
  • 極(きわ)まりて哀情(あいじょう)=多(おお)し
  • 歓楽
  • 歓楽(かんらく)極まりて哀情(あいじょう)多し

精選版 日本国語大辞典の解説

よろこび楽しむことがその極に達すると、かえって悲しみの気持が強くなる。
※浮世草子・好色破邪顕正(1687)上「猶恋暮の歓楽きはまって哀情多し。かねて遠慮をなせとなり」 〔漢武帝‐秋風辞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

楽しみや喜びの感情がきわまると、かえって悲しみの気持ちがわいてくる。

[使用例] はんりゅうせっなぐさみは歓楽極まって哀情生ずとあるが[矢田挿雲*江戸から東京へ|1921]

[解説] 漢の武帝の「秋風」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

楽しみや喜びの感情が最高潮に達すると、かえって悲しい気持ちになるものだ、ということ。

[使用例] 「歓楽極って哀愁多し」とは、青春そのものの花やかな幸福感にもよく当てはまるように思われます[岸田国士青年の夢と憂欝|1943]

[由来] 紀元前二~一世紀の中国、前漢王朝の皇帝、武帝が、遊びをしながら作った「しゅうふうの辞」という文章の結びの一節から。「歓楽極まりて哀情多し(楽しみが最高潮に達すると、ふと悲しみが湧いてくるものだ)」のあと、「少壮いくときぞ、老いを奈何いかんせん(若くて元気な時期はいつまでも続きはしない。老いがやってくるのはどうしようもない)」とうたっています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android