コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極まる/窮まる キワマル

デジタル大辞泉の解説

きわま・る〔きはまる〕【極まる/窮まる】

[動ラ五(四)]
ぎりぎりの状態までいく。限度・限界に達する。「感―・って泣く」「―・るところを知らない征服欲」
(形容動詞の語幹に付いて)この上なく…である。「退屈―・る話」
(「谷まる」とも書く)動きがとれなくて困りはてる。窮する。「進退―・る」
終わりとなる。果てる。尽きる。
「兵(つはもの)尽き、矢―・りて」〈徒然・八〇〉
決まる。定まる。
「鮹(たこ)の足は日本国が八本に―・りたるものを」〈浮・胸算用・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

極まる/窮まるの関連キーワードスウィフト(Jonathan Swift)BUZZTHEBEARS楽しみ尽きて哀しみ来たる極まる・窮まる・谷まる歓楽極まりて哀情多し極まり・窮まりソフォクレス真夏の夜の夢半獣神の午後中村 時枝形容動詞女義太夫垂加神道御する海の底気散じアイス外科連歌空際

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android