コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中性塩 ちゅうせいえん neutral salt

4件 の用語解説(中性塩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中性塩
ちゅうせいえん
neutral salt

その水溶液が酸性も塩基性も示さない。正塩の多くは中性塩であるが,正塩と中性塩は区別されなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中性塩【ちゅうせいえん】

正塩のことをいうこともあるが,一般的には水溶液が中性であるようなをいう。たとえばKNO3,Na2SO4など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいえん【中性塩】

その水溶液が酸性でも塩基性でもない塩。塩化ナトリウムや硝酸カリウムなど、強酸と強塩基との中和によってできた塩は、一般に中性塩。
正塩せいえん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中性塩
ちゅうせいえん
neutral salt

水に溶かしたとき、酸性でも塩基性(アルカリ性)でもない塩をいう。強酸と強アルカリとから生ずる正塩が一般に中性塩である。たとえばNaCl,KNO3,K2SO4などがそうである。これに対し、強酸と弱アルカリ、弱酸と強アルカリの塩、たとえば(NH4)2SO4あるいはNa(CH3COO)などはそれぞれ水溶液にすると加水分解によって酸性あるいは塩基性を示すので中性塩ではない。また正塩のことを、酸性塩や塩基性塩と区別するために中性塩ということがあるが、この使い方は正しくない。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中性塩の関連キーワード