コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東武鉄道 とうぶてつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東武鉄道
とうぶてつどう

私鉄会社。 1897年設立,99年開業,1910年伊勢崎線全通。 12年佐野鉄道,13年太田軽便鉄道,20年東上鉄道,44年総武鉄道,47年東武自動車,日光軌道をそれぞれ合併・買収して発展。路線は東京から埼玉,群馬,栃木,千葉の各県へ延びている。また北千住駅で地下鉄日比谷線と相互乗入れし,中目黒駅で東京急行電鉄と連絡する。 74年には北千住-竹ノ塚間を複々線化し,87年より和光市駅で地下鉄有楽町線と相互乗入れした。東武百貨店東武ストア,東武運輸など多くの関係会社をもつ。路線は伊勢崎線 (浅草-伊勢崎 114.5km) ,日光線 (東武動物公園-東武日光 94.5km) ,野田線 (大宮-野田-船橋 62.7km) ,東上線 (池袋-寄居 75km) ,亀戸線 3.4km,大師線 1km,佐野線 22.1km,小泉線 18.4km,桐生線 20.3km,鬼怒川線 16.2km,宇都宮線 24.3km,越生線 10.9kmほかで,全営業キロ数は 463.3km。バス全営業キロ数は 2078.9km。事業内容は,鉄道 65%,自動車運送 11%,開発 24%。年間営業収入 5764億 9000万円 (連結) ,資本金 661億 6600万円,従業員数 9618名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうぶ‐てつどう〔‐テツダウ〕【東武鉄道】

東京都と埼玉・千葉・群馬・栃木の4県に路線をもつ鉄道会社。また、その鉄道。浅草・伊勢崎間の伊勢崎線、東武動物公園・東武日光間の日光線、池袋・寄居間の東上線などを中心として営業。明治30年(1897)創立

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東武鉄道

正式社名「東武鉄道株式会社」。英文社名「TOBU RAILWAY CO., LTD.」。陸運業。明治30年(1897)設立。本社は東京都墨田区押上。鉄道・バス会社。鉄道路線は、東京都と栃木・群馬・茨城・埼玉・千葉の各県。関東私鉄で路線最長。子会社でバス・観光・不動産・百貨店などの事業を展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード9001。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうぶてつどう【東武鉄道】

関東地方の1都4県に464.1km(1997)と日本第3位の営業路線長を有する民営鉄道。浅草~伊勢崎間の伊勢崎線とそれから分岐する東武動物公園~東武日光間の日光線および池袋~寄居(よりい)間の東上線を本線とし,船橋~大宮間の野田線その他多くの支線から成る。創立は1897年で,まず伊勢崎線を建設し,1920年東上鉄道(東上線)を合併,さらに日光線を建設,全線の電化を行った。第2次大戦中に総武鉄道(野田線)などを合併した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東武鉄道の言及

【根津嘉一郎】より

…1877年,18歳で東山梨郡役所書記となり,89年の村会議員をふりだしに郡会,県会の各議員に当選,地方政界で活躍した。97年に東京に出て実業界に身を投じ,1905年には当時苦境にあった東武鉄道の社長となり,経営を再建した。また20余の鉄道の経営に参加し,15年には鉄道同志会副会長(のちに会長)に就任するなど鉄道界に重きをなし,〈鉄道王〉と呼ばれたが,本拠は一貫して東武鉄道にあり,その広域観光地(日光・鬼怒川)の開発は,私鉄経営の一つのモデルとなった。…

※「東武鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東武鉄道の関連キーワードJR・東武 日光・鬼怒川観光フリーきっぷまるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスゆったり会津 東武フリーパスふらっと両毛 東武フリーパス柏高島屋ステーションモール東武アーバンパークライン埼玉県民の日フリー乗車券根津 嘉一郎(1代目)空の旅おでかけキップスカイツリートレインスノーパル23:55根津 嘉一郎(初代)浅草下町フリーきっぷ尾瀬夜行23:55マンスリーとーぶ東京スカイツリー東武宇都宮百貨店小泉(群馬県)ajouterゆばちらし寿司

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東武鉄道の関連情報