コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正規表現 セイキヒョウゲン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

正規表現

文字のパターンを表現する方法のひとつ。特定の文字(メタキャラクター)を使って、汎用的に文字列のパターンを表現し、文字列の置換、検索などに使用する。たとえば、「.」は任意の文字を表し、「*」は前の文字の繰り返し、「^」は行頭、「:」は行末を示す、などさまざまな表現方法がある。これらを使うことで、「数字ではじまり、ひらがなを含む行」や「行末が(。)で終わらない行」といった複雑な文字列のパターンを表現できる。文字検索の「grep」や置換の「sed」、高度なテキスト処理が可能な「AWK」や「Perl」など、正規表現はUNIX関連のテキスト処理コマンドやツールで広く利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいき‐ひょうげん〔‐ヘウゲン〕【正規表現】

regular expression》コンピューターで文字列の検索や置換を行う時に用いられる表記法。通常の文字のほかに、メタキャラクターという特殊な意味をもつ記号を組み合わせることにより、特定の文字列のパターンを検索・抽出・置換することができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいきひょうげん【正規表現】

一定の規則に従って特定の文字列(群)を集合の要素として表す表記法。コンピューターで、テキスト処理に使われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正規表現の関連キーワードコンピューター拡張BN記法Jedit表記法規則

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正規表現の関連情報