コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武井守正 たけい もりまさ

3件 の用語解説(武井守正の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

武井守正

官僚・実業家。通称寅三・逸之助。武井贇次の次男。播磨姫路生。秋元安民萩原広道本居豊穎・阪正臣に師事。幕末、国事に奔走し捕えられ在獄5年。維新後内務大書記官農商務省会計・山林各局長、各県知事等を歴任。のち明治銀行・東京火災保険・帝国火災保険等を創立、重役となる。男爵・枢密顧問官。大正15年(1926)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武井守正 たけい-もりまさ

1842-1926 明治-大正時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)13年3月25日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩の尊攘(そんじょう)派として活動,捕らえられ5年間在獄。明治元年出獄して官界にはいり,21年鳥取県知事となる。のち実業界に転じて明治銀行,東京火災保険,帝国火災保険などを創立し重役をつとめた。貴族院議員。大正15年12月4日死去。85歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武井守正

没年:大正15.12.4(1926)
生年:天保13.3.25(1842.5.5)
明治大正期の官僚,実業家。父は姫路藩(兵庫県)藩士武井領八。藩校好古堂に学び安政4(1857)年専業生に抜擢され,京都の宮原潜叟に儒学を,大坂の萩原広道に国学を学ぶ。帰藩後河合惣兵衛(河合屏山の家老再任を図り処罰された勤王派)に師事し,終身禁獄の刑に服したが,維新後出獄し屏山に協力した。その後新政府に出仕し,明治11(1878)年内務権大書記官の折,竹橋事件を探知した。21年から約3年におよぶ鳥取県知事在任中は勧業政策を進め,離任に際し県民の留任運動が起きている。のち,東京火災保険の社長を務め,さらに枢密顧問官に転じた。<参考文献>武井守正翁伝記編纂所『男爵武井守正翁伝』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武井守正の関連キーワード河合良翰実業家阿江与助池松時和牛尾梅吉川崎寛美佐々木秀司堤定次郎永田伴正星野錫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone