武信由太郎(読み)タケノブヨシタロウ

デジタル大辞泉の解説

たけのぶ‐よしたろう〔‐よしタラウ〕【武信由太郎】

[1863~1930]英語学者。鳥取の生まれ。英字新聞「ジャパンタイムズ」「英語青年」を創刊。海外への日本紹介に努めた。著「武信和英大辞典」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武信由太郎 たけのぶ-よしたろう

1863-1930 明治-昭和時代前期の英語学者。
文久3年9月生まれ。明治30年頭本(ずもと)元貞らと「ジャパン-タイムズ」を創刊,副主筆をつとめる。また「英語青年」「英語世界」などを主宰。38年早大教授。同年「ジャパン-イヤーブック」を創刊し,のち「武信和英大辞典」などを編集した。昭和5年4月26日死去。68歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。札幌農学校(現北大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけのぶよしたろう【武信由太郎】

1863~1930) 英語学者。鳥取県生まれ。札幌農学校卒。1897年(明治30)、“Japan Times” を創刊。著「武信和英大辞典」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たけのぶ‐よしたろう【武信由太郎】

英語学者。因幡国の人。札幌農学校卒業。「ジャパン‐タイムズ」「英語青年」を創刊。のち、早稲田大学、東京高等師範学校教授を歴任。「武信和英大辞典」を編纂。文久三~昭和五年(一八六三‐一九三〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android